システム概要

道路のアンダーパス部などの冠水の恐れのある危険個所において、冠水検知センサを設置しリアルタイムに冠水を検知し発報を行うシステムです。設置されたセンサが冠水を検知すると、電光表示板により道路利用者等へ危険を告知するとともに、道路管理者へ警報メール通報、警報電話通報(オプション)により冠水水位が基準値を超過したことを迅速に伝達いたします。異常降雨時(ゲリラ豪雨)の初動支援を行うことにより、街の安心・安全が確保できます。また、当社製品の遠隔監視カメラシステム「かんしくん」と組み合わせることで、遠隔地にいながら冠水や現地状況を延滞なく知ることができます。

冠水警報システムイメージ図

システムの特徴

  1. 単純で誤作動の少ない電極式センサを採用することで、障害に強いシステムとなっております。
  2. センサ制御部と電光板制御部の間の信号伝送に無線を採用、少ない交通規制と短工期での導入が可能です。
  3. 施設の稼働状況の監視も可能であるため、排水ポンプの稼働状態を確認することが出来ます。
  4. バルーン式のエアー遮断機にも対応しております。
  5. 1段階センサによる有線式から2段階センサの無線式等の豊富な商品ライナップがございます。予算に応じてシステムを構築いたしますので、お気軽に弊社営業へお問合せください。

冠水検知用水没センサ

  • 水没センサ感部には、安価で耐候性、メンテナンス性に優れた電極式センサを採用
  • 2つの検知センサにより段階的な警報が可能 <一次警報時:排水ポンプ枡冠水時> <二次警報時:道路冠水時など>
  • 水面の揺らぎによる短時間の連続発報防止機能を装備

局間通信方式

無線制御

主局と副局間の通信は標準で無線通信を採用しています(有線制御も可能)。電光板の制御信号を無線伝送することで制御線の道路横断を行う必要がなく、埋設工事費や配管工事費を抑え、施工時の交通規制も不要。無線通信が途絶した場合には管理者へ通報を行う死活確認機能付。

無線規格

「かんちくん」で採用されている無線装置では、ユーザーは免許不要ですので、そのままご利用いただけます。標準で採用されている規格は、見通し約500m程度となっています。さらに長距離の通信が必要な場合は他の無線装置をご利用いただけます。  

無線イメージ図

遠隔から現地状況の一元管理

既存のPC等のブラウザより現地状況が把握できます。監視カメラによる現地冠水状況、電光表示板の発光状態、現地水位状況、排水ポンプ稼働状態等の情報をリアルタイムに遠隔地よりご確認いただけます。また、接点出力機能を実装しておりますので、電光表示板の強制発光等、公共施設の維持管理に活用することが出来ます。

「かんちくん」応用製品

遠隔観測情報配信システム「かんそくん」遠隔監視システム「かんしくん」と組み合わせることで、低コストで高効率な警報システムを構築できます。
  • 塩分濃度検知警報
  • 車両検知システム
  • 雨量・土石流警報システム
  • 騒音・振動警報システム
  • 簡易メール配信システム

パンフレットのダウンロード

パンフレットのダウンロードはこちら system-works-kanchikun 近年発生しているゲリラ豪雨(局地的な豪雨)やゲリラ豪雪(局地的な豪雪)などの異常気象による災害は、これまで経験したことのない規模や場所で発生するため、防災上きめ細やかな気象情報の把握が課題となっています。 例えば、平地の都市部や近年整備が進んでいる都市型の水路などにおいては、短時間に集中的に降るゲリラ豪雨によるインフラ施設の被災状況や住民に対する避難勧告等の的確な情報配信が課題となっています。 また、冬季における山間部の道路では、カーブの1つ1つや斜面・道路の方向などにより降雪及び凍結状況は様々であるため、道路情報を的確に把握するためには、それらの箇所ごとの現地状況の情報収集が課題となっています。 これまでの総合気象観測装置では、1基あたりの設備導入価格が非常に高価な上、データの閲覧には専用の機器が必要であるとともに、専用の回線(テレメータ伝送装置)が必要であるなど、きめ細やかな気象情報の把握や住民へ の情報公開が難しいなど多くの問題を抱えています。また、従来型の冬季観測システムでは費用対効果が見込みにくいため地区の代表箇所に1局程度しか配備されず、道路管理者及び道路利用者はその少ない観測情報から経験による 雪害の予測、対応を行ってきました。しかしこれでは、都市部などの経験が少ない利用者には予測が難しく、不便なシステムと言わざるを得ません。 簡易観測情報配信システム「かんそくん」は、少ない予算で多くの観測局を設置導入することができるため、きめ細やかな情報収集が可能となり、これまでの点の情報から面の情報収集を可能にします。 また、インフラ施設管理者の利用者への危険告知や、地域住民や施設利用者及び施設管理者が情報を共有化など、安心で安全なインフラ利用を支援します。

システム概要

遠隔地に設置された観測局において、気象情報(積雪深・水位・雨量・温湿度・風光風速・塩分量等)や現地状況を監視及び観測し、その観測データをサーバーへ自動配信します。データ配信されたサーバーによりグラフや表を利用した 情報をWEB上に公開するシステムです。低コスト、低消費電力、省スペース設計、これまで利用が困難な場所でも設置が可能となるなど、遠隔でのデータ収集・監視活動が行えます。また、警報機能を利用することで、自動警報装置としての 利用も可能です。

システムの特徴

従来型で採用されていたテレメータ方式の気象観測機器は多彩な気象観測センサに対応可能とするため、1つ1つの機器が高価であり又それぞれの機能が観測用センサ感部:A/Dコンバータ・制御装置・データ集積装置・通信装置等々に分 かれており、機器点数が非常に多く必要でした。 「かんそくん」は、それらの機能を1つの基板に組み込むことにより、低価格で気象観測を実現します。多様なインターフェースを装備しておりますので、多様な観測センサに対応可能で、従来型の代替として利用可能です。 また積雪計及び気温計は気象業務法の検定にも対応しております。機器点数が少ない「かんそくん」は省スペース・低消費電力化を実現し、太陽光発電装置による運用やバッテリー運用などを利用することで、常設設置のみではなく 仮設利用(冬季期間のみや災害発生時)が可能となります。

「かんそくん」を導入することで

施設利用者 利用前に情報を確認することができるので、安心して施設を利用することが出来ます。施設管理を迅速に行えるため、施設利用者は安全に施設を利用することが出来ます。
施設管理者 積雪情報及び水位情報等の観測データを公開し、更に自動警報装置と組み合わせることで、施設利用者への注意喚起がスムーズに行えます。また、施設管理者及び協力会社(除雪対応業者)等と情報を共有が可能となり、遠隔から現場状況を確認できる為、現場対応がスムーズにできるなど、施設を安全に運用していただくことが可能となります。

導入実績

弊社、遠隔観測情報配信システム「かんそくん」は 鳥取県積雪情報観測システム「とっとり雪みちなび」「とっとり行きみちなび」で数多く採用されています。

遠隔観測情報配信システム「かんそくん」の応用事例

  1. 冬季道路情報配信システム ・冬季道路情報の配信(積雪、気温、路面温度等) ・積雪情報をもとに除雪対応支援システムの構築 ・路面温度による警告表示装置 ・スキー場の積雪量観測及び雪崩対策システム
  2. 水位観測システム ・河川水位観測システムの構築 ・水位監視による警告表示装置 ・観測数値の情報配信システム
  3. 環境観測システム ・塩分濃度や酸素濃度等の環境計測 ・風光風速観測システム ・雨量計連動警報システム

パンフレットのダウンロード

パンフレットのダウンロードはこちら system-works-kansokun